閉じる
  1. クラッシャー上司のパワハラでうつ病になった場合のたった一つの対処法は?…
  2. 繊細な性格のHSPの人が団体スポーツに向いていない3つの理由とは?仕事…
  3. HSPの人が転職をして「働きやすくなった」と答えた数は85%以上も!独…
  4. 気を遣いすぎて疲れてしまうHSPの人がドライな一面を持つための第一歩と…
  5. 【HSP対談vol.2】繊細な性格のHSPの人が合わない仕事を辞めるタ…
  6. 人間関係に悩むHSPの人が苦手な人とうまく付き合うためのたった1つの方…
  7. 謝ってばかりのHSPの人が生きづらさを改善するためのたった2つの方法と…
  8. HSPの人が失恋し気持ちを切り替えるためのたった1つの秘訣とは?
  9. HSPの人がトラウマを抱えやすい理由とは?嫌なことを忘れて不安を克服す…
  10. HSPの人が失恋しても動揺しないためのたった3つの方法とは?理想の恋愛…
閉じる
閉じる
  1. HSPの人の生きづらさはどうして他人に理解されないのか?職場などで配慮…
  2. HSPの人が保守的な社風の会社が合わない4つの理由とは?著書『残業学』…
  3. 辛い過去にとらわれているHSPの人が新しい世界に踏み出すための教訓とは…
  4. HSPの人がトラウマを抱えやすい理由とは?嫌なことを忘れて不安を克服す…
  5. 【HSP対談vol.2】繊細な性格のHSPの人が合わない仕事を辞めるタ…
  6. 人に嫌われるのが怖くて生きづらいHSPの人が不安を和らげるための教訓と…
  7. 仕事で疲れやすいHSPの人が完璧主義をやめるための5つの方法とは?自己…
  8. HSPの人が好きなことを仕事にするための戦略とは?自分に合う働き方診断…
  9. 今の自分に疑問や不安を感じるHSPの人へ贈りたい「葉祥明」のコトバ
  10. 【HSP対談vol.1】繊細な性格のHSPの人が向いている仕事や職場の…
閉じる

HSP働き方戦略室|明日から使える処方箋をあなたに。

日々に充実感を感じていないHSPの人へ贈りたい「マザー・テレサ」の名言

私(ぽん乃助)
今日は、ノーベル平和賞を受賞したあの偉人の名言を紹介します!

 

 こんにちは、ぽん乃助です。

 コトバは、人の気持ちをポジティブにもネガティブにも変えることのできる、すごい力を持ちます。

 だからこそ、自分にとって良いコトバに出会えたときは、人生を幸せにするためのきっかけになったりします。

 そこで、本コーナーでは、ポジティブな意味で私の心に刺さった偉人の格言や、キャラクターのセリフを紹介していきます。

 では、早速、「あなたを幸せにする今日のコトバ」を紹介します。

繊細さん
私は、いつも仕事や家事に追われるばかりで、生活に充実感を感じないのです。

私(ぽん乃助)
日々に充実感を感じられない気持ちは分かりますが…、そんなあなたにひと言!

人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。
自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。
マザー・テレサ(カトリック教会の聖人、修道女)の名言より





 マザー・テレサ(1910-1997)といえば、オスマン帝国出身のカトリック教会の修道女であり、貧しい人々のための活動でノーベル賞などを受賞し、世界中で有名な人物です

 マザー・テレサの活動は世界中から尊敬され、2016年にはローマ教皇がマザー・テレサを列聖し、聖人として宣言したことも記憶に新しいでしょう。(マザー・テレサに関するベストセラー本を、以下に紹介いたします。)

 今回紹介した彼女のコトバは、日々に充実感を感じていない方にとっては、心に刺さるのではないでしょうか。

 恐らく、仕事や家事においても、忙しいと思うばかりで充実感を感じられない方は、心の中で「なんで、自分がやらないといけないんだろう…。自分がやらなくてもいいんじゃないか…。」という思いがあるのではないでしょうか。

 忙しければ忙しいほど、「いかに休むか…?」という思想になりがちですが、休んだところで、日々の充実感を得ることはできません。

 もちろん休むことは大事ですが、私は忙しい人にこそ、以下のことを大事にすべきだと考えております。

仕事であっても、プライベートであっても、どちらでも良いので、「本当に自分が人のためにしたいコト」をする瞬間をつくること!

スポンサーリンク


しかし、本ブログの更新やTwitterでの呟きを通じて、「本当に自分が人のためにしたいコト」をする瞬間を、プライベートの時間に持つようにしました。

 私のいまの仕事は、どちらかというと激務な部類に入るかと思いますが、心身負担も大きいということもあり、どうしても仕事自体に充実感を見出すことができませんでした。

 そうすると、(実際、人のために役立っているかはわかりませんが、)マザー・テレサの指摘する「自分はこの世に不要な人間だという思い」は薄れ、休息時間は減ったものの、心身ともにイキイキするようになったのではないかと思っております。

 日々に充実感を感じていない方は、ぜひ意識してみてはいかがでしょうか。

 そして、私の経験も踏まえ、改めてこのコトバを送りたいと思います。

人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。
自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。

繊細さん
それでは、私は、ぽん乃助さんに優しくしてあげることからはじめたいと思います!

私(ぽん乃助)
私に対して、厳しい意識はあったんですね…!(笑)

 もし、この記事を見ていただいている皆さんにとっても、心に刺さるコトバであれば、大変幸いです。

 また、「本当に自分が人のためにしたいコト」が分からない方は、趣味から見出すことがオススメです。

 以前、このことに関して記事にまとめましたので、気になる方は以下の記事リンクからご参照ください。

 では、次回も、よろしくお願いいたします!

 

 

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

 

こんにちは、ぽん乃助と申します。
東京都出身、20代後半の会社員(男)です。

 

社会人1年目の時にパワハラを受け、うつ病になってしまい、その時を境にメンタルヘルスや心理学の分野に興味を持ちました。

 

その後、自分がHSP(=敏感・繊細な人)であると分かってから、同様の悩みを抱えている人に、何か有益な情報を与えたいと決意しました。

 
 

 
 

 

 

HSPの人にオススメの記事

ページ上部へ戻る