閉じる
  1. HSPの人が職場で生きづらさを理解してもらうための方法とは?
  2. 繊細だけど外向的なHSS型HSP特有のつらさと4つの克服法
  3. HSPのブロガーやSNSでの発信者が絶対に守るべき3つのルール
  4. 「オープンダイアローグ」に学ぶ 人の心を癒やす対話法とは?
  5. HSPの人が適職や長所を見つけられる3つの診断ツールとは?
  6. HSPの人が疲れやすさの本当の原因と解決策を知るためには?
  7. HSPや発達障害の当事者交流会で得られる2つのメリットとは?
  8. うつ病の人はなぜ「助けて」ではなく「死にたい」と訴えるのか?
  9. 会社で働くHSPの人はテレワークでストレスを低減できるのか?
  10. HSPの高い共感力を仕事に活かすための2つの必要スキルとは?
閉じる
閉じる
  1. HSPを巡る現況。そしていま発信者に求められることは?(後編)
  2. HSPを巡る現況。そしていま発信者に求められることとは?(前編)
  3. 【対談】HSPの人が働きやすい環境を考える#06
  4. 【対談】HSPの人が働きやすい環境を考える#05
  5. 【対談】HSPの人が働きやすい環境を考える#04
  6. 【対談】HSPの人が働きやすい環境を考える#03
  7. 【対談】HSPの人が働きやすい環境を考える#02
  8. 【対談】HSPの人が働きやすい環境を考える#01
  9. 【対談】大人の発達障害と就労支援について
  10. 【対談】当事者同士で考えるうつ病の理解されづらい点について
閉じる

HSP働き方戦略室|明日から使える処方箋をあなたに。

タグ:SNS

TwitterのスペースでいただいたHSPの方々のご意見を踏まえ、「HSPの人が働きやすい環境」を考えるにあたって、大事だと思ったことをまとめました。

HSPの方向けに漫画を描いているおがたちえさんをお相手に対談し、表現の観点から「HSPブームの問題点」について考察しました。

HSPの方向けにコミュニティ運営をされているばっしーさんをお相手に対談し、人とのつながりやお金の流れから「HSPブームの問題点」について考察しました。

HSP界隈で有名な発信者である上戸えりなさんをお相手に対談し、人間が持つ偏見(バイアス)から「HSPブームの問題点」について考察しました。

HSPがテレビでも取り上げられるようになり、この状況を「HSPブーム」と揶揄する人も見受けられます。今回はこの「HSPブーム」がSNS上などで問題視されるようになった理由を、行動経済学の観点などから考察します。

今回は、『HSPのブロガーやSNSでの発信者が批判から身を守るための3つのルール』をお伝えします。

今回は、色んな情報に振り回されて疲れてしまっている繊細な人に向けて、「HSP」という言葉から一時的に逃げてほしい理由を考察し、お伝えしていきます。

今回は、私の経験も踏まえ、HSPの人がSNSの「いいね」を気にすべきでない理由をお伝えします。

SNSではHSPをテーマとした界隈ができていますが、使い方によってはSNSが逆効果になる場合があります。今回は、その逆効果となる使い方をお伝えします。

いつも承認欲求が満たされないあなたへ…「たった一人の「いいね」があれば、本当は、いいのかもしれない。」

さらに記事を表示する

プロフィール

 

名前:ぽん乃助

 

繊細な人の生存戦略と日常を発信/産官学連携を夢見るアラサーのリーマン/パワハラでうつ病経験/他称「バランス感のある優しい奇人」/喫茶店で読書と執筆の日々/恋愛はとても不器用/ガジェットで生活最適化/産業カウンセラー/大学専攻は労働経済学/趣味は映画とアニメとサックス/博士後期課程の受験準備中

 

 

 

 

 

ページ上部へ戻る