閉じる
  1. HSPの人が自分を変えて幸せな働き方を実現する方法とは?
  2. うつ病の人はなぜ「助けて」ではなく「死にたい」と訴えるのか?
  3. HSPの人がパワハラされた場合の対処法は?入社NGな会社の特徴も
  4. HSPの人が理詰めの人に対抗する思考力のトレーニング法とは?
  5. 1日3分!HSPの人が憂うつ気分を脱して幸せになる方法は?
  6. HSPの人が失恋し気持ちを切り替えるためのたった1つの秘訣
  7. 傷つきやすくて悩むHSPの人の間違ったSNSの使い方とは?
  8. 「解決志向アプローチ」に学ぶ 人の心を前向きにする対話法とは?
  9. HSPの人がうつ病になったときに休職できない3つの理由とは?
  10. 【告知】サンクチュアリ出版社さんでHSPの講演会を実施!
閉じる
閉じる
  1. 著書『転職学』から学ぶ! HSPの人が適職を求めるべきでない理由
  2. 【告知】サンクチュアリ出版社さんでHSPの講演会を実施!
  3. 【連続対談企画#4】HSPブームを受けておがたちえさんは何を思う?
  4. 【連続対談企画#3】HSPブームを受けてみさきじゅりさんは何を思う?
  5. 【連続対談企画#2】HSPブームを受けてばっしーさんは何を思う?
  6. 【連続対談企画#1】HSPブームを受けて上戸えりなさんは何を思う?
  7. 【連続対談企画 始めます】HSPブームを受けて発信者たちは何を思う?
  8. HSPの人はなぜ仕事で悩むのか?悩みから脱する3つのヒントも
  9. 「HSPブーム」はなぜ問題視されたのか?【行動経済学で考察】
  10. 失敗例から学ぶ!パワハラ被害の適切な告発方法とは?
閉じる

HSP働き方戦略室|明日から使える処方箋をあなたに。

【連続対談企画#2】HSPブームを受けてばっしーさんは何を思う?

私(ぽん乃助)
「HSPブーム」をテーマとした、連続対談企画の2回目です!

 

 HSPとは、繊細で敏感な気質ということで、生きづらいという文脈で言葉が広がっていきました。

 そして、1年前~半年前くらいに、テレビや芸能人がHSPを取り上げるようになり、HSPの知名度がかなり高まりました。

 この状況を「HSPブーム」と揶揄する人も現れるようになりました。

 この「HSPブーム」に対しては、HSPについて誤った認識が広がるなど負の面も見られるようになり、SNSを中心に問題視される声も多数あがりました。

 そこでこの度は、この「HSPブーム」をテーマに複数の方々と対談をすることとしました。(前回の対談は、以下のリンクをご参照ください。)

 

 

 2回目の対談は、ばっしーさんがお相手です。

 ばっしーさんとの対談を踏まえ、人とのつながりやお金の流れの観点から、「HSPブームの問題点」について考察した内容を記事にまとめました。

 「HSP」ブームをテーマに対談を実施することに至ったきっかけや趣旨については、以前の記事にまとめていますので、こちらも併せてご覧いただければと思います。

 

 




 

対談のお相手(ばっしーさん)

・ばっしーさんは、HSPの方のコミュニティ活動(オンラインサロン)を精力的に実施されています。Twitterで見かける姿以上にお優しく、深く物事を考えていらっしゃる方でした!

・コミュニティを運営するにあたって、誰でも参加しやすいようにするための努力を強く感じました。また、コミュニティ活動で得られた知見を、外部に発信されるご活動もされています。

・私自身は半ば一方的に情報発信をしていることが多いので、「人とのつながり」に真剣に向き合っているばっしーさんに、お話をお伺いしました。

ばっしーさんのTwitter→こちら

ばっしーさんのnote→こちら

 

スポンサーリンク

対談内容のまとめ

(1)HSPブームで変わったこと

私(ぽん乃助)
普段は、HSPに関するコミュニティ活動や発信活動されていらっしゃいますが、ばっしーさんはHSPブームを受けて変わったと感じたことはありますか?

ばっしーさん
実は、去年(2020年)の秋頃にHSPという言葉を使って発信をするのを一時期やめていたんです。この機にHSPに関するブログもやめた経緯にあります。HSPブームを受けて、「HSP」という概念が持つ意味以上に偏見や思い込みを誘発する言葉になったと感じてしまったからです。誰かを苦しめるというのは、全く本意ではありませんでしたので。

私(ぽん乃助)
ばっしーさんもそうなんですね!?私も、一時期HSPという言葉を使わずに発信するようにしていました!

 

 ばっしーさんのお話を受けて、以前に、私もHSPという言葉を自粛しながら発信をする決意をしたことを思い出しました。

 私は2019年末に、こんなツイートをしました。

 多くの発信者の思いとしては、HSPの方々に対して、「自分のことを深く知って生き方を良くしてもらいたい」「自立して納得した人生を送ってほしい」という気持ちが強い方が大半だと思います。

 しかし、HSPという言葉の知名度が高まるにつれて、色んな意味がつきまとうようになりました。

 私は、「あの人はHSPじゃない」とか「私はHSPだから〇〇はできない」とか、例えばそういったコメントを見ると悲しくなりました。

 おそらく、ばっしーさんをはじめとして、色んな発信者がこういう思いを持っていたのではないかと思います。

 「HSPブーム」を経て、HSPに関する発信をやめた方(HSPという言葉を使わずに発信をする方)は増えましたが、おそらくこうした葛藤が多くの発信者たちにあったんじゃないかと思います。

 だけど、発信者同士がこうした葛藤を共有できずに、自分だけで悩んでしまって疲れ切ってしまった方もいたんじゃないかと思います。

ばっしーさん
HSPブームを受けて、自分としては素人ではありながらも、手が届く範囲で学術的論文を読むようにしました。しっかりと情報を知らないと正しい発信はできないと思ったので。

私(ぽん乃助)
私も同じくです。昔はHSPに関する学術的見解を探すのが難しかったですが、今は学術分野の人もSNSなどで情報発信を始めたので、学術的情報を見つけやすくなりましたしね。

ばっしーさん
今取り組んでいるHSPのコミュニティ活動においても、きちんと学術的情報をできる限り適切に引用しながら、メンバーに情報を伝えるようにしています。

私(ぽん乃助)
私も、『どこまでが事実か?どこからが自分の感想か?』を明確にすることを大事にしています。そうしないと、情報の信頼性は失われてしまいますからね…。

 

 私の活動はブログやSNSを通じての情報発信が主体なので、誤ったことや信義則に反することを発信したら、直接的に批判されやすい立場にあります。

 だからこそ、私が情報発信するにあたっては、「情報の信頼性」をすごく意識するようにしています。

 その一方で、ばっしーさんがされているコミュニティ活動(オンラインサロン)は外に見えない分、こうした努力は非常に見えづらいのではないかと思います。

 また、「情報の信頼性」を高めれば高めるほど、使う言葉が難しくなってしまって、「親しみ」が持てない内容となってしまいます。

 そんな中で、コミュニティ活動が外から見えないからこそ、ばっしーさんは「情報の信頼性」と「親しみ」を両立できるように、すごく頑張っていらっしゃる印象を受けました。

 

(2)HSPの方に向けた活動について

私(ぽん乃助)
ばっしーさんはコミュニティ活動をうまく運営されているなという印象があるのですが、コミュニティ内では具体的にどういうことをやっているのですか?

ばっしーさん
コミュニティ自体が閉鎖的で参加するのにハードルが高いため、『情報を見るだけ』という人も参加しやすいように、活動の一つとしてコミュニティ内に情報を発信しています。

私(ぽん乃助)
なるほど…他にコミュニティ内ではどのような活動をされているのですか?

ばっしーさん
テーマを設けて、コミュニティメンバーに質問をしています。その回答を踏まえて、自分が考察をした内容をメンバーに情報発信しています。コミュニティ内ではこうした質問に対して、多数お声をいただくこともあります。おそらくSNSでは言えないお悩みとかも、外から見えないコミュニティだから言える人も多くいるように感じます。

私(ぽん乃助)
コミュニティだからこそ解決できる課題もたくさんありそうですね!

 

 最近、SNSで情報収集をするという人も増えてきました。

 しかし、当然ながらSNS(みんなに見える場所)で出てくる情報だけが全部というわけじゃありません。

 ばっしーさんが仰っていたように、目に見えない場所だから出てくる言葉もたくさんあります。

 こうした問題を取り上げた、直木賞を受賞した朝井リョウさんの小説『何者』の中のセリフを思い出します。

「だって、(SNSなどで)短く簡潔に自分を表現しなくちゃいけなくなったんだったら、そこに選ばれなかった言葉のほうが、圧倒的に多いわけだろ」

「だから、選ばれなかった言葉のほうがきっと、よっぽどその人のことを表してるんだと思う」

ほんの少しの言葉の向こうにいる人間そのものを、想像してあげろよ、もっと」

引用(一部加筆):朝井リョウ(2012)『新潮社』新潮社

 HSP界隈ですと、お茶会や交流会が行われていることも多いですが、HSPという言葉だけでは言い表せない悩みを抱えている人が多いからこそ、こうした悩みを外から見えない場で共有したい人もすごく多いのだと思います。

 ばっしーさんをはじめとして実施されているコミュニティ活動は、こうした表出しない悩みを拾い上げる力があるのだと改めて認識しました。

 ちなみに、ばっしーさんはHSPの方向けに質問されているということでしたが、次のような質問をされているということでした。

【ばっしーさんがコミュニティ内で聞いたことのあるご質問(例)】

・これってHSPのいいトコロかも?

・SNSとどう付き合っていますか?

・「休む」ということについて、教えてください。

・働く環境について、教えてください。

 Googleの検索では、「HSP」と「悩みに関すること」を一緒に調べている人が多いことがわかりますが、ばっしーさんもこれまでされてきたコミュニティ内でのご質問の中で、悩みに直結する質問は回答が多く返ってくるそうです。

 こうしたことを踏まえると、もしかすると「HSP」という大きな言葉に、一人ひとりがそれぞれ抱える悩みが搔き消えている問題もあるのかもしれません。

 本ブログでは、繰り返し伝えてきている内容で恐縮ですが、メンタルヘルスの分野では、「事例性」「疾病性」を切り分けて考えることが重要とされています。

「事例性」:具体的な困ったこと、たとえば、遅刻が増えた、身なりがだらしなくなった、書類の提出期限が守れなくなったなど、周囲からみて事実として捉えられる、いわば「困った出来事」があるかどうかという視点

「疾病性」:症状や病名などにフォーカスを当てて、対象を見ていく考え方

引用:健康保険組合連合会「働き盛りのメンタルヘルス vol.26」(アクセス日:2021年5月3日)

 「疾病性」は医者などの専門家が取扱う分野なので、職場などの現場では「事例性」を重視して労働者の悩みにアプローチしていくことが原則です。

 決してHSPは病気ではありませんが、今でもHSPを病気として捉えるようなことを聞くことがあります。

 とはいえ、HSPを仮に本当に病気だと置き換えたとしても、本当に大事なのはHSP自体(疾病性)ではなく、HSPに伴って「具体的に何に困っているのか?」(事例性)ということになります。

 ばっしーさんのお話を受けて、改めてこんなことを考えました。

私(ぽん乃助)
HSPの方に向けて活動されている中で、何か方針を定めていたりしますか?

ばっしーさん
そうですね、これは過去の自分にも言えることなんですが…。HSPという自分の気質を、無意識にネガティブに捉えている人が多いと思うんです。「HSPだから●●ができない」とか、そういうネガティブな見方が少しでもプラスに変わっていくだけでも、すごく生きやすくなると思うんです。

私(ぽん乃助)
私も、同じ認識です!

ばっしーさん
HSPという気質をフラットに捉えてもらう。それが、自分の活動の方針にあります。苦しい見方を変えることにつながるのであれば、最終的に「HSP」という言葉すら必要ないと思っています。

私(ぽん乃助)
あくまで「HSP」という言葉を入り口に、自分の課題に気づいてもらうということですよね。

ばっしーさん
はい、そうです。むしろHSPブームがあったからこそ、この見方を変えることの必要性に気づいて、HSPの活動を今は続けています。

私(ぽん乃助)
すごく共感できます。私も、同じ感覚でいます!

 

 心理学の分野では、「認知の歪み」という概念があり、人が不安になりやすい極端な思考のパターンを指します。

 詳しく知りたい方は、Wikipediaの解説ページを見ていただくだけでも参考になると思いますが、有名な例を取り上げると、コップの中に半分入っている水を「半分も入っている」と思うか「半分しか入っていない」と思うかは、人の考え方次第であり、この状態を「半分も入っている」と感じられる方が、幸福感は高まるということになります。

 そして、こうした見方を変えていくヒントを伝えていくことが、ばっしーさんや私のような活動者にできることなのだと感じました。

 

(3)HSPとお金について

私(ぽん乃助)
HSPブームの問題として、カルトや悪徳商法のキーワードとして「HSP」という言葉が使われたことや、医師のような臨床家の立場のほんの一部の方が「うつ」と「HSP」を混合させて発信したことが原因の一つにあると思っています。話しづらいテーマですが、「HSPとお金」というのは考えなきゃいけないと思っています。

ばっしーさん
本当にそうだと思います。ただ、まったくお金が発生しない仕組みも問題があると思っています。

私(ぽん乃助)
確かに日本は資本主義なので、「お金がまったく発生しない」というのは発展的な活動が生まれず、それはそれで私も問題だと思います。HSPに関する注目度が減れば、それだけサービスや研究するためにお金を費やす人が減ってしまうので、前向きな活動をし続けていく意味では「お金(≒インセンティブ)」は必要だと思っています。

ばっしーさん
そういう意味だと、「お金を支払っていることにきちんと意味があるもの」だと、本人としても周りとしても納得する仕組みが必要だと思っています。なので、実際に「何にお金を使うのか?」ということも透明化できるクラウドファンディングを活用するということも考えられると思います!

 

 ネット社会ではたびたび炎上することがありますが、特にお金にまつわることは炎上することが多いです。

 行動経済学の考え方の一つに、「社会規範(社会貢献・信条 等)」「市場規範(人気獲得・お金稼ぎ 等)」という考え方がありますが、この世界をうまく切り離せないとうまくいかないと言われます。

 例えば、「HSPの人のために」(社会規範)という気持ちと「自分の人気獲得やお金稼ぎにHSPを使いたい」(市場規範)という気持ちが混在していると、受け手側としては胡散臭く見えるわけです。

 しかし一方で、ばっしーさんの指摘どおり、発展的な活動をするためにはお金は必要になってきます。

 先ほど説明した事例でいうと、水が半分入っているコップを「半分も入っている」という風に見方を変えるヒントを与えることは比較的容易にできますが、一滴の水しか入っていないコップを「半分も入っている」という風に見方を変えることは困難です。

 実際には、コップに水を半分注がなければいけない場合もあり、こうしたことはお金を要する発展的な活動が必要なこともあります。

 また、お金が発生しないと、いくら活動の内容が良くても持続しません。

 私は、「社会規範」と「市場規範」を切り離すという発想しかなかったので、以前に公共福祉の文脈にHSPを落とし込むことの可能性を考察しました。(詳しくは以下のリンクをご参照ください。)

 

 

 ただ、ばっしーさんが仰っていた「クラウドファンディング」という形であれば、内容に透明性をもたらすことができますし、お金を受け取る側・支払う側の両者にとって納得感が得られます。

 コミュニティの活動の拡張性や持続性の観点から、「HSPとお金」に関する新たな可能性を感じました。

クラウドファンディング(英語: crowdfunding)とは、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。不特定多数の人が他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを意味する。

引用:Wikipedia『クラウドファンディング』(アクセス日:2021年5月4日)

私(ぽん乃助)
HSPだけじゃなく、ネット上のメンタル界隈全体に言えることだと思うのですが、ひとりカリスマ的存在がいてそこにお金が集中する仕組みというのが相応しくないと思っています。搾取構造や依存構造となってしまい、お金が回らずに、結果的には幸せになれない人をたくさん生むと思うからです。

ばっしーさん
私もそう思います。多分、「生活で苦しんでいる人にお金を拠出させる」ということに問題の本質があると思っています。なので、お金の流れとしては、「金銭的に余裕がある人⇒生活で苦しんでいる人」という構図になっていくようにすることが大事なんじゃないかと思っています。

 

 メンタルヘルスの領域においては、福祉分野とも関わるため、お金が発生するというのは非常にセンシティブな面があります。

 私自身、うつ病にもなったこともあり、深刻な程度に心を病むという経験をしたことがあるのですが、心が弱っているときって何かにすがりやすくなるんですよね。

 心が弱っているときに、「何かにすがって生きていければそれでいいじゃん」という人もいるかもしれないですが、私はこうした依存に近い状態は健全ではないと思っており、やっぱり自立を目指すことが心にとって健全だと思っています。

 また、お金の流れをカリスマ的存在に一極集中させた場合に、適切に活動への投資に使われればよいですが、そうでない場合は活動の発展が望まれません。

 そのため、ばっしーさんが仰っていたとおり、メンタル界隈においてはお金の流れとして「金銭的に余裕がある人⇒生活で苦しんでいる人」といった福祉的構造が生まれなければ、心の悩みを抱えている人の「自立」にベクトルが向かせるのは難しいのではないかと思いました。

 

(4)今後の活動について

ばっしーさん
私はこれまでネット上での活動に終始していましたが、(コロナ禍の状況を踏まえて)リアルイベントは避けつつ、交流会などにも挑戦しようと思っています。以前に1対1でオンラインでお話しする企画などをやってみましたが、やっぱり実際に話してみないと言えないことがたくさんあると、実感しました。

私(ぽん乃助)
私も実際にお話ししてみるって大事だと思っています。ネット上ではお互いに話し合わず、自分の主張を押し付け合うことってよく見ますからね。でも、実際にお互いに話してみれば、違う考え方の人も受け入れられたりすることって結構あると思うんです。

ばっしーさん
私も、それはすごく感じるところです。

 

 私自身、今年に産業カウンセラーの資格を取得したのですが、その資格取得にあたって昨年は長期間にわたりカウンセリングの研修を受けました。

 そこで、分かったこととしては、1対1の対話を何度も深めることによって、深い悩みが表出してくるということでした。

 見た目ではすごく明るそうにしている人であっても、とても深い悩みがある方も多くいらっしゃいました。

 そういうことを踏まえて、ばっしーさんと同様に、私も実際にお話をするということは本当に大切だと思いました。

 改めて、ネットに表出する内容だけがすべてじゃないと、ばっしーさんとお話をしていて感じました。

ばっしーさん
今後は、コミュニティ内であった生の声を踏まえて考えたことを、(もちろん個人は特定されない形で)外にも発信できればと思います。

私(ぽん乃助)
生の声って見えないことが多いので、すごく役に立つ情報になるのではないかと思います!

ばっしーさん
それと、やっぱり発信者という立場だけだと活動が難しいと思うこともあります。HSPで悩んでいる方の中には、例えば精神疾患を抱えている可能性のある方もいます。そういうことを考えると、カウンセラー・精神科医・心理学者など、うまく連携した形をとっていくことが今後の課題だと考えています。

私(ぽん乃助)
私も同じ思いでいます。多分みんな、「前向きに生きていこう」という方針に反対する人はいないと思うので、うまく手を取り合えるところは取り合っていく構造をHSP界隈から作れると良いなと私も思っています。

 

 ネット上では、対立構造のほうがたくさんの人に注目されやすい傾向にあるように思います。

 だからこそ、ネット上においては、「一般の人は〇〇というけれど、私は●●だと思う」という意見のほうが注目がおかれる傾向にあります。

 だけど、こうしたネット上の情報拡散の特徴が無益な対立を生むことがたくさんあります。

 メンタル界隈においては、誰もが「前向きに生きていこう」という思いは変わらないんじゃないかと思います。

 だからこそ、HSP界隈から協調的な活動を広げられれば良いんじゃないかと、ばっしーさんとお話をしていて思いました。

 

スポンサーリンク

おわりに

 まずは今回、対談企画にご協力いただいたばっしーさんにこの場をもって感謝申し上げたいと思います。

 貴重な時間を本当にありがとうございました。

 今回は、ばっしーさんとの対談を踏まえ、人とのつながりやお金の流れという観点から「HSPブームの問題点」について考察してきました。

 そして、ばっしーさんとお話をしていて、「表に出てくる悩みだけがすべてじゃない」ということは、改めて大事にしなければいけない価値観だと感じました。

 さて、次回の対談は、HSP専門キャリアコンサルタントをされているみさきじゅりさんをお相手に対談していきます。

 次回は、「HSPブームの問題点」について、異なる観点から考えていきたいと思います。

 ぜひ、楽しみにしていただければと思います!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

 

こんにちは、ぽん乃助と申します。

 

敏感で繊細なHSPの人にとっての働き方戦略を本気で考えるアラサーの企業戦士です。

 

社会人1年目の時にパワハラを受け、うつ病になってしまい、その時を境にメンタルヘルスや心理学の分野に興味を持ちました。

 

HSPの仕事の悩みや適職、特徴や長所を活かした働き方、疲れやすさの改善や休み方、発達障害や内向型との違い、HSS特有のツラさと生き方戦略など…

 

あらゆる観点から、HSPの人が働きながら「生きづらさ」を残り超えるためのヒントを、本ブログやTwitterを通じて発信しています!

 

そして、2019年12月にVtuberデビューしました!YouTubeチャンネル「ぽん乃助の心理ラボ&ゲーム部」でも心理学動画をアップしていますので、ぜひご覧ください。

 

 

 

 

 

HSPの人にオススメの記事

ページ上部へ戻る