閉じる
  1. HSPの人が適職や長所を見つけられる3つの診断ツールとは?
  2. メンタルやコミュ力を30倍速で強化する心理学本の読み方とは?
  3. 傷つきやすくて悩むHSPの人の間違ったSNSの使い方とは?
  4. 仕事で悩んだらカウンセリングを早めに活用すべき2つの理由
  5. HSPの人が日々の疲れを半減させるための7つの習慣とは?
  6. 自分がHSPであることを言い訳にすべきでない理由とは?
  7. HSPの人が適職を求めて転職をするのは良くないのか?
  8. 繊細で敏感な気質のHSPに関してよくある10の誤解とは?
  9. HSPの人の生きづらさはどうして他人に理解されないのか?
  10. HSPの高い共感力を仕事に活かすための2つの必要スキルとは?
閉じる
閉じる
  1. 幸せを感じられない人が意識すべきたった1つのこととは?
  2. 会社で働くHSPの人はテレワークでストレスを低減できるのか?
  3. 生きづらさを改善したいHSPの人は誰の情報を信じれば良いか?
  4. HSPの人が自分を変えて幸せな働き方を実現する方法とは?
  5. 生まれつきの気質や性格を乗り越えるために必要なたった一つのこと
  6. うつ病の人はなぜ「助けて」ではなく「死にたい」と訴えるのか?
  7. マルチタスクが苦手ならミニマリストになろう!断捨離の3つのコツも
  8. 「解決志向アプローチ」に学ぶ 人の心を前向きにする対話法とは?
  9. 「オープンダイアローグ」に学ぶ 人の心を癒やす対話法とは?
  10. 5分で分かる『嫌われる勇気』と『幸せになる勇気』のまとめ
閉じる

HSP働き方戦略室|明日から使える処方箋をあなたに。

タグ:内向型

繊細で敏感な性格のHSPの人にとって、良い働き方を模索するべく、第7回目となる対談を実施し、対談で見えてきた「ブラック企業の洗脳に惑わされずに辞める方法」や「HSPの男性特有のつらさ」などについて、まとめました。

今回は、竹下隆一郎氏の著書『内向的な人のためのスタンフォード流ピンポイント人脈術』を参考に、「内向型やHSPの人の長所を活かした人脈術」などを伝えていきます。

繊細で敏感な性格のHSPの人にとって、良い働き方を模索するべく、第3回目となる対談を実施しました。今回の対談で見えてきた「HSPと内向型の違い」や「自分の強みを活かした働き方」などについて、まとめました!

今回の記事では、HSPである私自身にとって内向型の趣味である漫画の中で、お勧めの作品を紹介したいと思います。

プロフィール

 

こんにちは、ぽん乃助と申します。

 

敏感で繊細なHSPの人にとっての働き方戦略を本気で考えるアラサーの企業戦士です。

 

社会人1年目の時にパワハラを受け、うつ病になってしまい、その時を境にメンタルヘルスや心理学の分野に興味を持ちました。

 

HSPの仕事の悩みや適職、特徴や長所を活かした働き方、疲れやすさの改善や休み方、発達障害や内向型との違い、HSS特有のツラさと生き方戦略など…

 

あらゆる観点から、HSPの人が働きながら「生きづらさ」を残り超えるためのヒントを、本ブログやTwitterを通じて発信しています!

 

そして、2019年12月にVtuberデビューしました!YouTubeチャンネル「ぽん乃助の心理ラボ&ゲーム部」でも心理学動画をアップしていますので、ぜひご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ戻る