閉じる
  1. 仕事で悩んだらカウンセリングを早めに活用すべき2つの理由
  2. HSPの人が好きなことを仕事にする戦略と4つの働き方タイプ
  3. 【HSP対談vol.9】仕事での疲れを対処する3つの鍵とは?
  4. HSPの人が悲惨なニュースから自分の心を守るための方法とは?
  5. 繊細で敏感な気質のHSPに関してよくある10の誤解とは?
  6. HSPの人が職場で生きづらさを理解してもらうための方法とは?
  7. クラッシャー上司のパワハラでうつ病になった場合の対処法
  8. HSPの人が疲れやすさの本当の原因と解決策を知るためには?
  9. HSPの人が自己肯定感の向上につながる趣味を得るためには?
  10. HSPの人が恋愛で疲れたり失敗しないためのたった2つの方法
閉じる
閉じる
  1. 人間関係に悩むHSPに一番必要なのは「嫌われる勇気」だ!
  2. HSPや発達障害に関する発信者や支援者の立場での大事な考え方は?
  3. HSPや発達障害の当事者交流会で得られる2つのメリットとは?
  4. 傷つきやすくて悩むHSPの人の間違ったSNSの使い方とは?
  5. 【HSP対談vol.10】非HSPからHSPはどう思われている?
  6. HSPが集団生活で生きづらい理由は○○!?どうすればいい?
  7. 人間関係に悩むHSPの人に読書を勧めたいたった1つの理由とは?
  8. HSPの高い共感力を仕事に活かすための2つの必要スキルとは?
  9. メンタルやコミュ力を30倍速で強化する心理学本の読み方とは?
  10. 他人にHSPや発達障害を当てはめてはいけない2つの理由
閉じる

HSP働き方戦略室|明日から使える処方箋をあなたに。

タグ:内向型

繊細で敏感な性格のHSPの人にとって、良い働き方を模索するべく、第7回目となる対談を実施し、対談で見えてきた「ブラック企業の洗脳に惑わされずに辞める方法」や「HSPの男性特有のつらさ」などについて、まとめました。

今回は、竹下隆一郎氏の著書『内向的な人のためのスタンフォード流ピンポイント人脈術』を参考に、「内向型やHSPの人の長所を活かした人脈術」などを伝えていきます。

繊細で敏感な性格のHSPの人にとって、良い働き方を模索するべく、第3回目となる対談を実施しました。今回の対談で見えてきた「HSPと内向型の違い」や「自分の強みを活かした働き方」などについて、まとめました!

今回の記事では、HSPである私自身にとって内向型の趣味である漫画の中で、お勧めの作品を紹介したいと思います。

プロフィール

 

こんにちは、ぽん乃助と申します。

 

敏感で繊細なHSPの人にとっての働き方戦略を本気で考えるアラサーの企業戦士です。

 

社会人1年目の時にパワハラを受け、うつ病になってしまい、その時を境にメンタルヘルスや心理学の分野に興味を持ちました。

 

HSPの仕事の悩みや適職、特徴や長所を活かした働き方、疲れやすさの改善や休み方、発達障害や内向型との違い、HSS特有のツラさと生き方戦略など…

 

あらゆる観点から、HSPの人が働きながら「生きづらさ」を残り超えるためのヒントを、本ブログやTwitterを通じて発信しています!

 

 

 

 

 

ページ上部へ戻る