閉じる
  1. 自分がHSPであることを言い訳にすべきでない理由とは?
  2. 仕事が向いていないと悩むHSPが考えるべきたった1つの視点
  3. HSC(繊細な子)が不登校になった時に親が考えるべきことは?
  4. 謝り癖のあるHSPの人が生きづらさを改善するための2つの方法
  5. クラッシャー上司のパワハラでうつ病になった場合の対処法
  6. 【HSP対談vol.9】仕事での疲れを対処する3つの鍵とは?
  7. 感受性が強すぎるHSPの人の仕事での生きづらさの対処法とは?
  8. 繊細で敏感な気質のHSPに関してよくある10の誤解とは?
  9. 1日3分!HSPの人が憂うつ気分を脱して幸せになる方法は?
  10. 【HSP対談vol.6】当事者同士で考えるHSPと発達障害の違い
閉じる
閉じる
  1. 人間関係に悩むHSPに一番必要なのは「嫌われる勇気」だ!
  2. HSPや発達障害に関する発信者や支援者の立場での大事な考え方は?
  3. HSPや発達障害の当事者交流会で得られる2つのメリットとは?
  4. 傷つきやすくて悩むHSPの人の間違ったSNSの使い方とは?
  5. 【HSP対談vol.10】非HSPからHSPはどう思われている?
  6. HSPが集団生活で生きづらい理由は○○!?どうすればいい?
  7. 人間関係に悩むHSPの人に読書を勧めたいたった1つの理由とは?
  8. HSPの高い共感力を仕事に活かすための2つの必要スキルとは?
  9. メンタルやコミュ力を30倍速で強化する心理学本の読み方とは?
  10. 他人にHSPや発達障害を当てはめてはいけない2つの理由
閉じる

HSP働き方戦略室|明日から使える処方箋をあなたに。

今の自分に疑問や不安を感じるHSPの人への教訓とは?

私(ぽん乃助)
今の自分に疑問や不安を感じるHSPの人へ贈りたいコトバを紹介します。

 

 こんにちは、ぽん乃助です。

 「あなたを幸せにする今日のコトバ」のコーナーです!

 コトバは、人の気持ちをポジティブにもネガティブにも変えることのできる、すごい力を持ちます。

 だからこそ、自分にとって良いコトバに出会えたときは、人生を幸せにするためのきっかけになったりします。

 そこで、本コーナーでは、ポジティブな意味で私の心に刺さった偉人の格言や、キャラクターのセリフを紹介していきます。

 では、早速、「あなたを幸せにする今日のコトバ」を紹介します。

繊細さん
今の自分に疑問や不安を感じるのです…。でも、どうすればいいのか分からないんです…。

私(ぽん乃助)
もやもやした自分への不安の気持ち…それはよく分かりますが、そんなあなたにひと言!

今の自分に疑問や不安を感じたら、それは、変化しなさいという心の声です。
葉祥明(絵本作家)/『風にきいてごらん』(大和書房)




 葉祥明さんは、絵本や詩などを通じて、社会問題などについて、表現されてきたアーティストです。

 今回ご紹介するコトバは、そんな彼が人間心理に関して、詩集の中で表現されたものです。

 HSPの人は、他人の顔色や場の雰囲気を意識しすぎて、自分の本音が言うことができないことが多いと言われます。

 そして、後から自分のことを振り返ったとき、今の自分に不安を感じてしまうのではないでしょうか。

 こんな気持ちになると、どうすればいいかわからないモヤモヤ感で頭がいっぱいになりますね。

 そしてこの気持ちが続くと、自分のことが嫌いになり、日々の生活で幸せが感じられにくくなります。

 さて、こんな気持ちに陥ったとき、どうすれば良いのか?

 それは、「自分が変化しなければいけない」というサインなのです。

 本ブログで、何回か紹介させていただいておりますが、心理カウンセリング技法の1つであるソリューションフォーカストアプローチ(解決志向)では、考え方の大原則として、以下のコトが挙げられています。

【ソリューションフォーカストアプローチ(解決志向)のルール】

①もしうまくいっているなら、変えようとするな
②もし一度やってうまくいったのなら、またそれをせよ
③もしうまくいっていないのであれば、何でもいいから違うことをせよ

引用:森俊夫・黒沢幸子(2002)「<森・黒沢のワークショップで学ぶ>解決志向ブリーフセラピー」ほんの森出版

 

 まず、大前提として大事なコトは、何でもかんでも変化することが大事なのではなく、ソリューションフォーカストアプローチのルールにもあるとおり、日々の生活がうまくいっていれば、自分を変化させる必要がないのです。

 でも、日々の生活でうまくいっていないのであれば、自分を変化させる必要があるのです…!

 ただ、「自分を変化させるにしても、どう変化させればいいのかわからない…!」というお気持ちを持つ方もいらっしゃることでしょう。

 一人ひとり、悩んでいることが違うので、「これだ!」という答えはもちろんありません。

 そして、悩む理由が分かったところで、自分をどう変えればいいのかということも、分からなかったりします。

 そこで、自分がどう変わればいいのかということについて、ヒントを与えてくれる、自分への問いかけの技法を紹介します。

 この技法は、「ミラクル・クエスチョン」と呼ばれます。

【「ミラクル・クエスチョン」とは?】

「眠っているあいだに奇跡が起こり、解決が起こっている。そうすると翌日は(要するに解決したあとの一日は)どんな様子をしているのか」。これがミラクル・クエスチョンの骨子です。

(中略)

「解決に向けての有効な質問」であり、解決像=ソリューション・イメージを引き出すための質問になるわけです。

引用:森俊夫・黒沢幸子(2002)「<森・黒沢のワークショップで学ぶ>解決志向ブリーフセラピー」ほんの森出版

 

 ここで紹介されているのは、カウンセリングの現場で、相手に質問をするときに使われる技法ですが、自分への問いかけとしても使うことができます。

 もし悩んでいることがあれば、自分に対して「眠っているあいだに奇跡が起こり、悩みが解決されているとしたら、翌日はどんな様子をしているのか。」と問いかけ、イメージしてみましょう。

 そして、そのイメージが思い浮かび、いつもの自分の生活と違う部分があれば、その部分に変化を加えてみましょう!

 そうすると、不思議なことに、悩みは消え去り、解決に導かれることがあります。

 よく言われるのは、悩みは原因を断ち切らなければ、悩みを解決できないということです。

 だけれども、悩みの原因は複雑に絡み合っているため、原因を知ることも難しいですし、知ったところで解決に導くことも難しいのです。

 だからこそ、「原因よりも、解決に目を向けてしまえ!」という大胆な考え方が、この問いかけに詰まっているのです。

 でも、案外、悩みの解決を望むのであれば、この考え方が一番合理的だと私は思っています。

 ということで、今日のお話を2コマ漫画にまとめてみました!

スポンサーリンク

 さて、今日のお話に関連しますが、HSPの人は人に気を遣いすぎるため、本音を言えず、自己嫌悪になりがちと言われます。

 そのことについて、以前、悩みの解決のヒントを記事にまとめたことがありますので、気になる方は、ぜひ以下のリンクからご覧ください!

 

 

 また、自己嫌悪から抜け出すためには、自己肯定感を高めることも大事と言われます。

 自己肯定感を高めるためのヒントも、以前、記事にまとめたことがありますので、気になる方は、ぜひ以下のリンクからご覧ください!

 

 

 

 さて、本日は今の自分に疑問や不安を感じるHSPの人へ、記事をまとめてまいりました。

 そんな人へ、改めてこのコトバを紹介したいと思います。

今の自分に疑問や不安を感じたら、それは、変化しなさいという心の声です。

繊細さん
そっか、悩んでいたら変化することが大事なんですね。自分に問いかけてみて、自分なりに生活で変化させるポイントを探してみます!

私(ぽん乃助)
私も、今日ご紹介したことで自分が多くの場面で救われてきました。ぜひ、試してみてください!

 

 さて、今回はこの辺で、終わりたいと思います。

 もし、この記事を見ていただいている皆さんにとって、心に刺さるコトバであれば、大変幸いです。

 では、次回も、よろしくお願いいたします!

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

 

こんにちは、ぽん乃助と申します。

 

敏感で繊細なHSPの人にとっての働き方戦略を本気で考えるアラサーの企業戦士です。

 

社会人1年目の時にパワハラを受け、うつ病になってしまい、その時を境にメンタルヘルスや心理学の分野に興味を持ちました。

 

HSPの仕事の悩みや適職、特徴や長所を活かした働き方、疲れやすさの改善や休み方、発達障害や内向型との違い、HSS特有のツラさと生き方戦略など…

 

あらゆる観点から、HSPの人が働きながら「生きづらさ」を残り超えるためのヒントを、本ブログやTwitterを通じて発信しています!

 

 

 

 

 

HSPの人にオススメの記事

ページ上部へ戻る