閉じる
  1. 【HSP対談vol.8】HSPや発達障害の人の仕事の悩みとは?
  2. 【HSP対談vol.6】当事者同士で考えるHSPと発達障害の違い
  3. 他人にHSPや発達障害を当てはめてはいけない2つの理由
  4. HSPの人が適職や長所を見つけられる3つの診断ツールとは?
  5. クラッシャー上司のパワハラでうつ病になった場合の対処法
  6. 内向型やHSPの長所を活かすためのピンポイント人脈術とは?
  7. HSPの人が緊張した場面でも心を落ち着かせて話す技術とは?
  8. HSC(繊細な子)が不登校になった時に親が考えるべきことは?
  9. HSPの人がトラウマを抱えやすい理由と不安の克服法とは?
  10. HSPの人が仕事で完璧主義をやめるための5つの方法とは?
閉じる
閉じる
  1. 他人にHSPや発達障害を当てはめてはいけない2つの理由
  2. 繊細で敏感な気質(HSP)は遺伝する?本当に5人に1人なの?
  3. HSPの人が疲れやすさの本当の原因と解決策を知るためには?
  4. 繊細で敏感な気質のHSPに関してよくある10の誤解とは?
  5. 【HSP対談vol.9】仕事での疲れを対処する3つの鍵とは?
  6. HSPの人が悲惨なニュースから自分の心を守るための方法とは?
  7. 【HSP対談vol.8】HSPや発達障害の人の仕事の悩みとは?
  8. HSPや発達障害の仕事における悩みと無理なく支援する方法は?
  9. HSC(繊細な子)が不登校になった時に親が考えるべきことは?
  10. HSPの人が仕事で苦手な場面に直面した時の3つの克服法
閉じる

HSP働き方戦略室|明日から使える処方箋をあなたに。

タグ:仕事

HSPの人の多くの方が、「疲れやすさ」に悩んでいると思います。そこで今回は実体験を通じて、病院で自分の疲れやすい原因を把握することの大事さをお伝えします!

HSPの人は、繊細で敏感な気質がゆえに、疲れやすいと言われています。そこで今回は、対談を通じて、HSPの人が仕事での「疲れやすさ」を対処する方法などについて、考えていきました。

今回はHSPや発達障害の人たちが一堂に会す場での対談を通じ、見えてきた「HSPや発達障害の人の仕事のツラさ」や「働きやすい職場やヒント」をお伝えしていきます。

今回は、HSPの人にとって苦手な場面の共通点を考察したうえで、苦手な場面に直面したときの克服方法をお伝えします。

今回はHSPの適職の可能性を広げるべく、職場で信頼され、リーダーになるための方法をまとめました。

HSPの方が集まる勉強会に参加し、そこで得られたHSPの長所を仕事で活かすための戦略について、まとめていきたいと思います。

よくHSPの人から、「仕事」や「人間関係」の悩みを聞くことがあります。そこで今回は、HSPでも仕事や人間関係がうまくいく人とそうでない人の違いについて、お伝えしていきます。

繊細で敏感な性格のHSPの人にとって、良い働き方を模索するべく、第7回目となる対談を実施し、対談で見えてきた「ブラック企業の洗脳に惑わされずに辞める方法」や「HSPの男性特有のつらさ」などについて、まとめました。

繊細で敏感な性格のHSPの人にとって、良い働き方を模索するべく、2019年4月27日に第5回目となる対談を実施し、対談で見えてきた「HSPの才能を活かした働き方」や「フリーランスという働き方」などについて、まとめました。

HSPの人は他人との境界線が薄く、自己肯定感が低い傾向にあると言われます。そんなHSPの私自身にとって、仕事や趣味への価値観を劇的に変えてくれたコトバを紹介します。

さらに記事を表示する

プロフィール

 

こんにちは、ぽん乃助と申します。

 

敏感で繊細なHSPの人にとっての働き方戦略を本気で考えるアラサーの企業戦士です。

 

社会人1年目の時にパワハラを受け、うつ病になってしまい、その時を境にメンタルヘルスや心理学の分野に興味を持ちました。

 

HSPの仕事の悩みや適職、特徴や長所を活かした働き方、疲れやすさの改善や休み方、発達障害や内向型との違い、HSS特有のツラさと生き方戦略など…

 

あらゆる観点から、HSPの人が働きながら「生きづらさ」を残り超えるためのヒントを、本ブログやTwitterを通じて発信しています!

 

 

 

 

 

ページ上部へ戻る