閉じる
  1. HSPの高い共感力を仕事に活かすための2つの必要スキルとは?
  2. HSPのブロガーやSNSでの発信者が絶対に守るべき3つのルール
  3. 傷つきやすくて悩むHSPの人の間違ったSNSの使い方とは?
  4. HSPが集団生活で生きづらい理由は○○!?どうすればいい?
  5. HSPの人が保守的な社風の会社が合わない4つの理由とは?
  6. 「HSPブーム」はなぜ問題視されたのか?【行動経済学で考察】
  7. 最新研究に基づくHSPの11の事実とは?HSPの新診断基準も
  8. HSPの人が適職の可能性を広げるために必要な3つの方法
  9. 多忙に悩むHSPは他人への「配慮」の仕方が間違っているのか?
  10. HSPの人が苦手な人とうまく付き合うためのたった1つの方法
閉じる
閉じる
  1. 【連続対談企画 始めます】HSPブームを受けて発信者たちは何を思う?
  2. HSPの人はなぜ仕事で悩むのか?悩みから脱する3つのヒントも
  3. 「HSPブーム」はなぜ問題視されたのか?【行動経済学で考察】
  4. 失敗例から学ぶ!パワハラ被害の適切な告発方法とは?
  5. 生きづらさを感じる人は他人の嫌がらせを簡単に許していませんか?
  6. HSPのブロガーやSNSでの発信者が絶対に守るべき3つのルール
  7. パワハラに悩むあなたが告発する勇気を持つために必要な3つのこと
  8. HSPの人が不安でグルグル思考に陥ったときの3つの対処法とは?
  9. 繊細な人が「HSP」という言葉から一時的に逃げてほしい3つの理由
  10. HSPの私が抑うつ状態の時に本当に効果のあった3つのセルフケア法
閉じる

HSP働き方戦略室|明日から使える処方箋をあなたに。

タグ:仕事

今回はHSPの人が仕事で悩みやすい理由を統計調査などから考察し、学術的知見等から仕事の悩みから脱するためのヒントをお伝えします!

HSPがテレビでも取り上げられるようになり、この状況を「HSPブーム」と揶揄する人も見受けられます。今回はこの「HSPブーム」がSNS上などで問題視されるようになった理由を、行動経済学の観点などから考察します。

今回は、HSPの当事者同士の交流会の意義や効果などを考えるため、HSP交流会の主催者の方と対談を実施しました。

今回は、これまでHSPの方から寄せられた、仕事・人間関係・疲れやすさ・恋愛・就職活動・転職活動に関するお悩みとその回答を、QA方式でまとめました。

コロナウイルスの影響でテレワークを積極的に導入する企業が増える中、HSPの私が実際に在宅勤務をしてみた感想をお伝えします。

今回は、HSPの人の共感力の高さを仕事に活かすための2つの必要スキルをお伝えします。

HSPの人の多くの方が、「疲れやすさ」に悩んでいると思います。そこで今回は実体験を通じて、病院で自分の疲れやすい原因を把握することの大事さをお伝えします!

HSPの人は、繊細で敏感な気質がゆえに、疲れやすいと言われています。そこで今回は、対談を通じて、HSPの人が仕事での「疲れやすさ」を対処する方法などについて、考えていきました。

今回はHSPや発達障害の人たちが一堂に会す場での対談を通じ、見えてきた「HSPや発達障害の人の仕事のツラさ」や「働きやすい職場やヒント」をお伝えしていきます。

今回は、HSPの人にとって苦手な場面の共通点を考察したうえで、苦手な場面に直面したときの克服方法をお伝えします。

さらに記事を表示する

プロフィール

 

こんにちは、ぽん乃助と申します。

 

敏感で繊細なHSPの人にとっての働き方戦略を本気で考えるアラサーの企業戦士です。

 

社会人1年目の時にパワハラを受け、うつ病になってしまい、その時を境にメンタルヘルスや心理学の分野に興味を持ちました。

 

HSPの仕事の悩みや適職、特徴や長所を活かした働き方、疲れやすさの改善や休み方、発達障害や内向型との違い、HSS特有のツラさと生き方戦略など…

 

あらゆる観点から、HSPの人が働きながら「生きづらさ」を残り超えるためのヒントを、本ブログやTwitterを通じて発信しています!

 

そして、2019年12月にVtuberデビューしました!YouTubeチャンネル「ぽん乃助の心理ラボ&ゲーム部」でも心理学動画をアップしていますので、ぜひご覧ください。

 

 

 

 

 

ページ上部へ戻る